アイスアックス新モデル登場 ペツル&ブラックダイヤモンド 2018

ドライツアラー、アイスクライマーにとっては待望のペツル三兄弟&BDアイスアックスの新製品が登場です。海外ではすでに出回っていましたが、日本の代理店サイト(アルテリア、ロストアロー)でもようやく価格が表示されました。

ドライツアラーの注目は何と言ってもエルゴノミックでしょう。

前モデルのエルゴは極端に湾曲したデザインにより、ルーフ等の強傾斜メインの高難度課題に向いている反面、トータルバランスに欠けるため、日本のドライツーリング界ではノミックに主役の座を譲っていた印象が強いです。
新モデルはトータルバランスを考慮したデザインを意識しているようで、グリップの形状やシャフトのカーブ具合が秀逸な仕上がりになっていると感じます。

それでも売れ筋はやはり、ノミックであると思います。
万人受けする完成されたデザイン、アイス、ミックス、ドライのどれにでも対応できる汎用性に加え、更なる軽量化と、文句なしの出来映え。
ドライツーリングにフォーカスした場合、エルゴノミックと評価がどう分かれるか注目です。

クォークはガリーやサミテックと同じテクニカルマウンテニアリングアックスという括りに分類されており、ドライツーリングとは無縁のアルパインアックスという位置付けでしょう。
グリップレストが折りたためる点など進化ポイントは見逃せません。

ペツル製品ではこれらのアックスに加え、ピックも追加されました。注目製品はピュアドライです。
これまでにないコンペ仕様と言えそうな形状のピックで、krukonogi製品のような鋭い先端が特徴です。
また、新旧アイスアックスに対応している点はペツルユーザーにとっては非常に嬉しいポイントです。

ブラックダイヤモンド製品では、リアクターがフルリニューアルされて復活を遂げました。
形状はカシン Xドリームに非常によく似ており、アイスクライミングはもちろんドライツーリングでも活躍することでしょう。また、ペツル製品より価格設定が控えめなところが嬉しい限り。

今シーズンのアイスクライミング、ドライツーリングのフィールドを席巻するのは、どのアックスか。引き続き注目です。

エルゴノミック
エルゴノミック

エルゴノミック U022AA00
https://www.alteria.co.jp/sport/ergonomic/
¥43,000(税込¥46,440)

ノミック U021AA00
https://www.alteria.co.jp/sport/nomic/
¥36,000(税込¥38,880)

クォーク U019
https://www.alteria.co.jp/sport/quark/
¥32,000(税込¥34,560)

リアクター BD30020
http://www.lostarrow.co.jp/store/g/gBD30020/
¥34,236 (税込)

ピュアドライ U022BA00
https://www.alteria.co.jp/sport/purdry/
¥7,600(税込¥8,208)